未公開物件

「創業44年の企業力は、なにより“未公開物件”の多さに集約されています」

「仲介、注文・分譲住宅、リフォーム、賃貸、投資など、多角的な事業を展開する当社は2015年に創業44年を迎えました。
しかし、社歴の長さ自体が重要なのではありません。大切なのは、なにより44年の実績が築き上げた信頼と圧倒的な地域情報力にある、と私たちは考えます。
その象徴がお買い得物件も多い“未公開物件”の保有数です。不安定な経済状況が続く中、家探しに苦労されているお客様も多いはず。そうした未公開のお買い得物件をお探しの方は、ぜひ弊社にお問い合わせください」

全取扱件数の約42%が多方面から 持ち込まれた"未公開物件"                                不動産会社としては異例の保有数割合。一般に知られることなくお買い得な“未公開物件”が流通

"未公開物件"とはあまり馴染みのない言葉だと思います。普通、一般のユーザーが広告メディアなどで目にすることができるのは、いわゆる不動産物件の公開情報です。これに対して"未公開物件"とは、各不動産会社が情報を公開することなく、内々のうちに売却する物件のことです。 物件取扱数の多さではエリア屈指の当社ですが、グラフのとおり、そのうちの半数近くを“未公開物件”(仲介・社有)が占めています。これは不動産会社としては異例の割合で、それだけ一般に知られることなくお買い得物件が流通しているということになります。

多くの“未公開物件”が集まる秘密は、 創業より地元密着で積み上げてきた実績と信頼

では、そうした"未公開物件"を当社はどのように入手しているのでしょうか。左図にあるように銀行、裁判所、弁護士、司法書士などは債務整理に関するものが多く、いわゆる競売物件なども含まれます。こうした機関や法務関係者などは信用第一で、これまでの実績が問われます。 取引相手として認められているということは、創業より44年の間に積み上げてきた信頼の高さを裏付けるものと自負しています。
また商工会や他の不動産会社、既購入者がリピートする顧客再販や新規のお客様からの持ち込みも、地元で着実な事業を展開してきた企業姿勢の賜物だと思っています。